散骨について

散骨とは

「散骨」とは、火葬した遺骨を粉末状にし、海や山などの自然に還す葬送方法です。

少子化が進み、高齢化時代となった今、維持管理、供養、費用などの面で深刻な問題となっており、お墓を持たず(または墓じまいをし)、「散骨」という葬送方法を選ばれる方が多くなってきました。

  • 散骨

海洋散骨について

弊社では、漁場、釣場、海上交通の要所等を避け、陸地からなるべく離れた松山沖合の海域にて散骨をしております。

委託合同散骨

弊社に遺骨を預けていただき、規定個数もしくは規定日数になると、弊社スタッフが代行で散骨いたします。
日時指定はできません。

委託合同散骨

セレモニー散骨

お客様も乗船していただき、スタッフ同行でセレモニーをおこないます。
日時指定が可能です。
※遺骨は委託先にお預かりいただきます。

セレモニー散骨

粉骨について

散骨する場合、遺骨を一片2mm以下の粉状にしなければなりません。
法律で決まっているわけではありませんが、骨が大きいと拾った人が事件として取り扱う可能性があるので、世界共通のルールとして認識されています。

お墓や埋葬については、墓地・埋葬に関する法律がありますが、この法律の中では、散骨に関する規定はありません。
「散骨」は新しい供養方法で、法律がまだ追いついていないのが現状です。
「葬送の自由は憲法上の基本的人権」のひとつとして、法務省からは「散骨は節度をもっておこなわれる限り、違法性はない」とされています。

料金

プラン 内容 料金(税別)
粉骨のみ 粉骨(2mm以下)、六価クロム無害化処理、異物除去、真空パックor水溶性紙袋、乾燥、骨つぼ・骨箱の処分、粉骨証明書 18,000円
散骨のみ 水溶性紙袋、献花、散骨証明書 35,000円
粉骨・散骨 上記内容(粉骨+散骨)に準ずる 48,000円
追加 柱 上記内容(粉骨+散骨)に準ずる 24,000円

上記以外、追加料金はいただきません。

愛送社では、「人」、「環境」に配慮し、有害物質とされる六価クロム*の無害化、自然に還り易いよう水溶性紙袋の使用をおこなっております。
*六価クロムとは、アスベストと並ぶ、2大発がん性物質です。鼻中隔穿孔、感作性皮膚炎、肺がんなどの症状を引き起こす可能性があります。

お問い合わせ

無料出張お見積サービス(エリア限定)
お気軽にお問い合わせください。

依頼する

受付時間:24時間受付、年中無休

〒791-8031 愛媛県松山市北斎院町70-2

お見積はこちら089-909-4114
ページトップへ